喘息(小児気管支喘息)
Asthma

喘息(小児気管支喘息)

喘息には、「アレルギー性」と「非アレルギー性」とがあります。
子どもはアレルギー性が中心で、アトピー体質の子どもがなりやすい病気です。喘息の症状としては、喉がヒューヒューゼーゼーと鳴ります。原因は、天候の変化や精神的なストレス、ハウスダウスト、ダニ、花粉、食べ物など様々です。

ご両親のどちらかが子どもの頃に気管支喘息であったり、アトピー性皮膚炎や花粉症などの病気を持っている場合、子どもにもアレルギー体質が遺伝し、気管支喘息が見られるケースも多々あります。
当クリニックでは「小児気管支ぜんそく治療・管理ガイドライン」に基づき治療、指導を行っております。

気管支喘息とは、気管支の粘膜の慢性の炎症がもとで、急に気管支が狭くなり呼吸が苦しくなる発作を繰り返す病気です。ダニやほこり、ペットの毛、花粉などにアレルギーがある場合、これらを吸い込み続けるとアレルギー反応によって慢性的に炎症をおこしむくみます。ここに、さらにアレルギー物質や感染、大尉風などの気象条件、運動、たばこの煙、ストレスなどが加わると、気管支はぎゅっとしまってしまい、ゼーゼーヒューヒューして呼吸が苦しくなります。
発作は夜、朝方に多く、苦しさのため寝れない、話せない、歩けないなどひどい発作を起こすこともあります。
喘息は普段から治療を続けることで気管支の炎症を落ち着かせていくことができます。重症度や年齢、発作の頻度によって治療内容や期間が変わりますので、ぜーぜーしやすい方はぜひご相談下さい。