突発性難聴 とっぱつせいなんちょう

突発性難聴 とっぱつせいなんちょう

明らかな原因がなく(原因不明)、突然片方の耳が聞こえづらくなる病気です。

症状

ある日急に、片方の耳が聞こえなくなり、耳鳴りや激しいめまいがすることもあります。
軽い難聴の場合には、音が二重に聞こえるとか、耳がふさがったようなとか、耳が詰まった感じとか、自分の声が変に聞こえるとか表現されます。難聴の症状だけではなく、耳鳴りがする、めまいを伴う吐き気、ふらつく感じがするという症状がおきることもあります。

原因

突発性難聴の原因はまだよく分かっていませんが、過労やストレス、風邪(ウイルス性とも考えられています)などがきっかけとなることが多いようです。
20~50才台で働き盛りの人に多く発症します。
仕事が忙しく、精神的にもイライラしているような方に多い傾向にあります。
現代の生活を営んでいる以上、突発性難聴はいつ誰にでも起こりうる病気であると考えられます。

診断

診察で、次のような場合は突発性難聴の可能性がたかいです。

  • 耳の穴がつまっていない
  • 鼓膜に異常がない
  • 聴力検査室で左右それぞれも聞こえの検査を行い、片方の耳の難聴がある

他の症状としての耳鳴りやめまいの有無もチェックすることが大切です。めまいがひどい場合は、専用の眼振を調べるCCDマスクを用いて検査を行います。
突発性難聴は再発しないものであり、一度治療してから二度三度と繰り返すものは突発性難聴ではなく「低音障害型感音難聴」や「蝸牛型メニエール病」 と考えられます。

治療

突発性難聴の軽度のものは自然に治癒することがあります。できるだけ早期に治療するほうが改善する可能性が高い病気です。
ステロイドホルモン剤とビタミン剤を内服し聴力の改善状況を検査しながらステロイド剤を徐々に減量していく方法です。
薬は決められた時間に決められた量を確実に内服してください。
日常生活で十分な睡眠をとりストレスを避けるようにしてください。
めまいを伴う難聴の場合は治りづらくなります。
高度の難聴の場合は入院治療を行う場合があります。
入院治療が必要な場合は近隣の総合病院への紹介状を作成します。