アトピー(アトピー性皮膚炎)
Atopy

アトピー(アトピー性皮膚炎)

乳児期のアトピー性皮膚炎の症状は、頭や顔、耳などにジクジクとした湿疹が表れます。また、ひじや足首などの関節部分に湿疹が出たり、「耳切れ」といわれる耳の付け根の部分が亀裂したりするのが特徴的です。本人や家族にアレルギーの病気(食物アレルギー、花粉症、アトピーなど)があることが多いですが、かならずしもアレルギーが原因でない場合もあり、しっかりとした検査が必要です。

アトピー性皮膚炎の皮ふは、乾燥しやすく外からの刺激を受けやすい状態です。そこに、アレルギー物質が触れると反応がおき、かゆみや湿疹が悪化します。アレルギー物質としてはダニやほこり、花粉、食べ物などがあり、それ以外の刺激としては、汗や洋服、洗剤、ストレスなどもあげられます。
治療の基本は、刺激の原因となるものへの対策、スキンケア、お薬(ぬり薬、内服薬)が大切です。スキンケアは肌を清潔に保ち、保湿に努めることがとても大切です。お薬は、年齢や症状の程度、場所に応じて適切な強さのステロイドの外用薬を適切な量でぬることが大切です。なかなか良くならない、という方の原因としてぬる量が適切ではなかった(少なかった)ということがよくあります。当院では、ぬり方の指導もしております。お気軽にご質問ください。