胃腸炎
Gastroenteritis

胃腸炎

急性胃腸炎(おなかの風邪)は、お子さまによくみられる病気の一つです。ウイルスや細菌が原因であることが多く、おう吐、下痢、腹痛、発熱などがみられます。特効薬はないことが多く、安静や水分補給、食事を気をつけることがメインになります。当クリニックでは、水分の取り方や気をつけることなどのホームケアのアドバイスもいたします。

急性胃腸炎は胃や腸に病原体が侵入し炎症を起こすため、発熱、おうと、下痢、腹痛などの症状がみられます。
原因のほとんどがウイルス性のもので、ロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどがあり、秋から冬に流行します。細菌が原因の場合は夏に多く、食べ物が原因で起こった場合食中毒といいます。
治療の基本は、お口からの水分補給です。乳幼児は脱水になりやすいため、注意しながら行っていきます。いつ、どのくらい水分をとらせればいいのか、食事で気をつけることは何か、消毒はどうしたらよいのか、などご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。当クリニックではご自宅での看病のポイントをまとめた資料もお渡しできます。