鼻炎(アレルギー性鼻炎)
Rhinitis

鼻炎(アレルギー性鼻炎)

鼻炎には、「季節性」と「通年性」とがあります。
季節性のアレルギー性鼻炎の代表的なものとしては、スギ花粉症があります。近年、小児のスギ花粉症の発症年齢がだんだん低くなっており、風邪でもないのに鼻づまりやくしゃみが続いてるときは、一度アレルギー検査を受けることをお勧めします。血液検査、と鼻水の検査があります。

通年性のアレルギー性鼻炎は、季節に関係なく発症する鼻炎です。ハウスダスト(カビ、ダニ、フケ、細菌など)が主な原因と言われています。
目がかゆい結膜炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などの合併症が表れることもあります。

鼻炎でよくみられる症状としては、くりかえすくしゃみ、鼻水、鼻づまりが多く、鼻のかゆみや鼻血を伴うこともあります。特に花粉症では、アレルギー性結膜炎を合併していることが多いです。鼻炎から中耳炎、副鼻腔炎を併発しやすいため小さなお子さまも注意が必要です。治療は、アレルギー薬の内服、点鼻薬、舌下免疫療法などがあります。アレルギーのお薬には様々な種類があります。生活状況を考えながら、眠気や強さのバランスを考えて処方いたします。あなたにピッタリのお薬がみつかるといいですね。