ブログ BLOG

耳用の硬性内視鏡を検討しています

こんにちは静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

当院では診察の際に鼓膜の観察にいろいろな器械を使用しております。
一般的な手持ちの耳鏡やPCにつながるタイプの耳鏡、細くて短い内視鏡というカメラなどなどでありますが
細くて短い内視鏡というカメラ これは硬性内視鏡と呼んでいますが最近少し曇り気味ですのでこちらの代替品を検討しています。
ebayという海外の通販のサイトでみてみるといろいろ面白そうなものがあります
お試しでいろいろ購入してみてよさそうなものがあったら本格的なものを注文してみようかと思います。
スマホやタブレットにつなげられるものやUSB接続でPCに接続できるもの、いろいろありますので試してみたいと思います。

インフルエンザワクチンの集団接種

こんにちは静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

インフルエンザワクチンの集団接種を行っていると忙しいときは次々に接種していくので目が回る思いですが
今年は3回集団接種を行いました。
個々で打つよりもその集団全員が打つことで集団発生を予防する効果が非常に高くなります。
会社単位、学校単位で打つように広がってくれるといいですね。
65歳以上の高齢者には市からの補助がありますが全年齢に補助がおりて全年齢の接種率が上がれば集団発生も予防出来ていいですね。

耳鼻科と小児科どちらを受診すればいいですか

こんにちは静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科小児科皮膚科ほんまファミリークリニックです

小児科と耳鼻科の領域は結構重なっている部分が多く、鼻やのどの風邪やインフルエンザ軽い中耳炎、感染症などはどちらの科でも対応可能です、時期にもよりますが最近は耳鼻科の方が待ち時間が少ない傾向にありますので受け付けの際に変更していただいても構いません。
ご不明な点がありましたらご相談下さい。

夏は溶連菌、アデノウイルス、ヘルパンギーナ、手足口病が流行しやすいですが冬はインフルエンザが流行します。症状に応じて順番が前後することがございますがご了承ください。

ホームページのリニューアル

こんにちは
静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

7月にホームページをリニューアルしましたが皆さんご覧になってみていかがでしょうか。
できるだけ情報を載せようとしているのですが作成しているうちにだんだん迷子になってきてしまいます。

今まで作成した情報を移動させたりまとめたりしておりますがあまり情報を詰め込みすぎると見づらくなってしまうので悩みどころです。
デザインなどはプロにお任せするとして内容を決めるのは自分ですので必要な情報を落とさないように載せていきたいと思います。

ホームページに関して何かお気づきの点がございましたらお知らせください。
またこんな情報知りたいとかもありましたらお知らせください。

舌下免疫療法中のかゆみ

こんにちは
静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

当院ではスギ花粉症と、ダニアレルギーの根本的治療である舌下免疫療法を行っています。
免疫療法に使用する薬剤はスギやダニから抽出した成分を使用するため一時的に口の中やのど、耳の中がかゆくなることがあります。
とくに使用開始直後くらいがかゆみが出やすい時期になります。この時期はアレルギーを抑える飲み薬を一緒に続けていただくと症状が抑えられて楽に治療を続けられることが多いです。
しばらく時間がたって問題なければアレルギーの内服薬はいったん中止していきます。
治療は大体3年ぐらいを目安に継続していきます。

舌下免疫療法にご興味のある方はご相談ください。

一緒に働いてみませんか

こんにちは静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科小児科皮膚科ほんまファミリークリニックです

当院では比較的若いスタッフが多いため産休に入ったスタッフや育休があける予定のスタッフや結婚する予定のスタッフや結婚したスタッフなどもおりまして賑やかな環境となっておりますが出産を終えたスタッフが赤ちゃんをつれてクリニックに来てくれたりするととても嬉しいものです。

仕事に対するスタンスは人それぞれかと思いますが結婚や出産を期に退職するスタッフや産休育休に突入するスタッフもおりましてなかなか予想がつかない人員配置ですがなんとかやっている状況です。

世間では働き方改革と言われていますが
仕事とプライベートのバランスを両立できるような環境を維持していかないといけませんね。

当院で働いてみたいという医療事務、看護師、医師の方がおられましたらご紹介下さい。

診療時間内はとても忙しいですが残業はほとんどありませんのでやる気のある人にはとてもいい働きやすい環境と思います。
よろしくお願いします。

薬がまずくて飲めません

こんにちは
静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

薬の味は様々です。特に子供の薬は粉の薬が多いので味の影響が非常に大きいものです。
アレルギーのお薬はシロップ、粉末、ドライシロップ(口の中ですぐに溶けてシロップになるタイプ)、ラムネタイプなど選択肢が多いのですが
バイ菌を抑える抗生物資に関しては基本的に粉末のものとなます。
この薬ですがタイプによって味が大きく変わりとても美味しいものと後味が非常にまずいものがあります。

味がまずいものだから良く効くというわけでもなく、その患者様の症状にあわせて適切な薬を使っていく必要があります。

どんなにいいお薬でも味がまずくて飲めなければ意味がありませんのでそこら辺を考慮しながら薬の選択を行います。

薬に関してご要望等がございましたら診察の際にご相談ください。
味がまずくて薬が飲めないお子様は結構いるものです。

必要物品の購入について

こんにちは
静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

当院で使用している物品は基本的にスタッフが発注しております。
医療機器や薬品に関しては卸屋さんにお願いしており生活用品的なものに関してはアスクル等を使用しております。必要物品において保存が効くものに関してはまとめ買いをしても良いのではないかと考えております。
先日大量に発注したティッシュやペーパーは大量に余っていますがどうでしょう。
その他のものに関して物品の底値を調べることによって安く購入できるようになるかと思いますのでそのようにお願いした次第であります。
通販だと送料がかかるので送料無料にするために余計なものを購入するのは本末転倒ですので注意しないといけませんね。

レーザプリンタの紙つまり問題

こんにちは
静岡市駿河区にある耳鼻咽喉科・皮膚科・小児科ほんまファミリークリニックです。

受付のレーザープリンタはリコーのものを使っているのですが紙詰まりによるストレスを感じているクリニックはとても多いのではないでしょうか。プリンターが詰まった際の対応というのがとても大切になります。
最近のスタッフの紙づまりの対応を見ていると神がかったほどの素早い対応をできるスタッフもおり頼もしい限りです。紙質や湿度によって紙の滑りが悪くなったりすると紙づまりが出るようですがこの紙づまり問題っていうのはいつまでたっても解消されないことだと思います。
何か良い方法は無いでしょうか。
またクリニックにおいてはA5用紙を多用しますが全部をA4用紙で対応できないか現在検討中であります。
実際に導入してるクリニックもあるようですので、当院でも対応可能ではないかと思っております。
1日の紙の消費枚数は1000枚程度ではないかと思われますがこれだけ使用してても何とか持ちこたえてくれるプリンターに感謝です。現在導入しているプリンターの耐用枚数は600,000枚ということですの2年ぐらいで壊れる計算となります。
エコタンクのプリンターが出て話題になっておりますが検討している機種の耐用枚数が100,000枚と言う事ですのであまり現実的ではないかもしれません。100,000枚と言う事は4ヶ月位で壊れてしまうわけです。
開業するまでこんなにプリンターを使うとは思いませんでした。
印刷にかかるコストも馬鹿になりませんので紙媒体からの脱却ができる日を待ち望んでおります。